都道府県別スキンケア対策

大阪府民は夏の毛穴熱風で肌が老化!?冬~春は突風型の肌荒風で乾燥状態に

もしあなたが大阪府にお住まいの女性であれば、鈴鹿山脈を越えて届いてくる山の毛穴熱風により肌老化が進行している可能性があります。また冬~春にかけては、狭い平野を通り抜ける強風である突風型の肌荒風により肌が冷えきって乾燥しているかもしれません。

日本全国各県で気候環境はそれぞれ異なり、地域に合わせた美肌対策が必要となってきます。大阪府に住む女性は、肌老化、冷え、乾燥に特に気を遣わなけらばなりません。あなたのお肌は大丈夫でしょうか・・?

大阪府は全国第18位!ニッポン美肌県グランプリ2017

全国47都道府県16歳以上の女性の肌、累計1,700万件を超える膨大な量の肌データ、いゆる“肌のビッグデータ”を持つ大手化粧品会社POLAが、各都道府県の肌の状態をランキング化した「ニッポン美肌県グランプリ」

北海道から沖縄まで、日本全国の気候環境と肌の関係性を「いい皮フの日(11月12日)」に合わせて発表しています。気象のビックデータを持つ日本気象協会が、気象環境が及ぼす肌への影響をPOLAと共同で研究したまさに本物の分析結果です。

日本気象協会とPOLAの共同研究の結果、肌荒れを引き起こす「光老化」「乾燥」「環境老化」の3つ要因の存在を明らかにしました。これは同じ日本でも住んでいる地域の気候環境により、美肌の作り方や肌荒れの守り方が全く異なってくるということです。

日本気象協会とPOLAが発見した肌荒れ3大要因

①肌荒風(肌のうるおいに影響)

日本には肌のうるおいを奪う2つの肌荒風(はだあらしかぜ)が吹いていることを新たに発見。肌のうるおいや、シワ・小ジワに悪い影響を及ぼしている他、皮フ温の低下も招き、“顔冷え”の原因にも。地域によって高い山脈を越えてくる乾燥型の肌荒風と、狭い平野を通り抜ける突風型の肌荒風の2種類の風が存在しています。

②毛穴熱風(毛穴の広がりに影響)

毛穴を開かせる夏特有の山と海から吹き込む2種類の毛穴熱風。毛穴が開いたり目立つような肌は、化粧のりが悪かったり化粧がくずれがちになるほか、清潔感にかけたり老けて見られたりする原因とされています。

③肌荒大気(くすみ、シミ・シワ等に影響)

微小粒子状物質PM2.5などの大気汚染物質を多く含む「肌荒大気(はだあらしたいき)」を発見し、特に汗、皮脂の多い夏の顔には他の季節より大気汚染物質が約3.7倍も付着することが確認されました。気象や地形の違いにより、夏には「滞留」する肌荒大気と「流入」する肌荒大気の2タイプがあります。

大阪府の気象環境と美肌を阻む肌荒れ要因

大阪府 全国平均 全国ランキング
人口 8,831,642人 3位
年間平均気温 16.7度 15.3 8位
年間日照時間 2,161時間 1,978時間 10位
年間降水量 1,279mm  1,757mm 14位
年間平均相対湿度 64%  39位

 

美肌を阻む肌荒れ要因 大阪府が受ける地域影響
乾燥型の肌荒風(肌のうるおい) 影響なし
突風型の肌荒風(肌のうるおい) 影響あり
山から吹き込む毛穴熱風(毛穴の広がり)
海から吹き込む毛穴熱風(毛穴の広がり) 影響なし
滞留型肌荒大気(くすみシミしわ)
流入型肌荒大気(くすみシミしわ)

大阪府は毛穴熱風による肌老化とうるおい不足に要注意


大阪府のように風上側に鈴鹿山脈のような山がある地域は、湿った空気が山を越えるときに雨や雲として水分を減らし、乾いた空気が山を下ることで山の風下側で気温が上昇するフェーン現象が発生します。

風上側の鈴鹿山脈から山越えの暖かい空気が流れ込み、それが大阪に山の毛穴熱風を巻き起こします。特に夏はコンクリートとビル建物による都心部特有のヒートアイランド現象も重なるので、熱風が肌に直撃してしまいます。

また、大阪府は日照時間が比較的長いのでUVケアの習慣化は必須となります。ストレスも多く、統計的に肌に疲れが残っている人が多いので、ぬるめのお風呂にゆっくりとつかってリラックスしましょう。


そして秋から春にかけては高い山脈を越えて吹き込んでくる乾燥した北風「突風型の肌荒風」の影響を受けてしまいます。近畿地方では滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県にお住まいの方が影響を受けます。

秋~春にかけては突風型の肌荒風を受けるため、肌が冷えて乾燥してしまいます。夏は熱風、秋~春は冷えと乾燥という目まぐるしさ。何とも慌ただしい変化が大阪らしいのかもしれませんが、季節の変わり目には気を付けたいですね。

「毛穴熱風」で開いた毛穴への対処法

熱風によって開いた毛穴を冷やすと、毛穴が小さくなる・・・と誤解している人も多いのですが、ファンデーションや日ヤケ止め等を塗っている場合は、冷やしても毛穴は小さくなりません。逆に、開いた毛穴部分にメークが落ち込み、開いた状態で固定されてしまいます。

毛穴が気になるからといって、冷たいおしぼりを肌に当てるのは返って毛穴を目立たせてしまいます。毛穴が開いてしまった場合の正しい対処法は、毛穴が目立つ部分のメークを乳液を含ませたコットンでオフするのがおすすめです。

開いた毛穴に入り込んだメークを取り除くと同時に、肌がやわらかくなり、キメがふっくらと整うことで毛穴が目立たなくなります。キメが乱れると毛穴が目立ってしまうので夏こそ化粧水と乳液でたっぷりうるおいを与えましょう。

正しい保湿ケアに加えマッサージで血行促進を

そして肌の乾燥を防ぐには、朝・昼・夜の正しい保湿ケアをすることが大切。まず朝のお手入れはローションからミルク、お昼間は保湿性の高いベースメイクで潤いをキープしつつ、夜は1日の疲れをとるためにマッサージで血行促進を。

しっかりマッサージをしたら、その後はローション、ミルク、クリームの順番で保湿ケアをしましょう。冷えと乾燥、肌老化を防止するためには血行促進が欠かせません。保湿ケアを生かすためにもカラダの内側から綺麗にしていきましょう。

フェイシャルエステで血行促進して肌老化を防止

日頃から疲れを残している大阪の女性はストレスで心身共に満身創痍に。ボロボロに疲れてしまったお肌と心を整えてリラックスさせるにはフェイシャルエステが大変有効です。

美肌を作っていくためには血行を促進し新陳代謝をよくする必要がありますが、最近のフェイシャルエステは顔からデコルテまではもちろんフットケアまでしてくれるので、体の循環を良くして潤い肌へ導いてくれます。

看護師として働きながら美容体験レビュー動画で100万人以上のチャンネル登録者数を誇る人気YouTuberの関根理紗さんが、POLAのトライアルエステ体験動画をアップしていました。この体験動画、とても参考になります。

2017 BA
POLAのエステ 初回限定トライアル【3,240円】

大阪府の全国順位詳細とランキング項目

①マイクロダストに強い

大気汚染物質などのマイクロダストは毛穴より小さく、各層のすき間から直接肌の中に進入し、肌をゴワつかせ、くすみに繋がるダメージを与えます。長期的にはシミ・シワの原因にもなります。

マイクロダストに強い都道府県ランキング
順位 都道府県 2017年度スコア
1位 島根県 80.77
2位 岡山県 73.05
3位 宮崎県 70.77

②シワができにくい

肌を内側から支える柱のような存在のコラーゲン繊維がしっかり束になっていると、ハリ、弾力があり、シワができにくい肌です。コラーゲン繊維は紫外線によりダメージを受けるので、UV対策をすることが重要です。

シワができにくい都道府県ランキング
順位 都道府県 2017年度スコア
1位 和歌山県 73.95
2位 京都府 65.99
3位  広島県 65.66

③肌がうるおっている

肌表面の角層細胞のうるおいを保つ力が弱まると、肌内部の水分も蒸発し、肌は乾燥した状態になります。角層が乱れている状態は、外部刺激を受けやすくなり、肌は敏感になり、様々な肌トラブルに繋がります。

肌がうるおっている都道府県ランキング
順位 都道府県 2017年度スコア
1位 島根県 79.63
2位 宮崎県 77.69
3位 岡山県 75.07

④ニキビができにくい

大人ニキビといわれる乾燥タイプのニキビと、過剰な皮脂が原因のニキビがあります。大人ニキビには保湿が重要。皮脂原因のニキビには、食事、ストレス、便秘などの生活習慣に影響を受けることが多く、ライフスタイルを整えることが重要です。

ニキビができにくい都道府県ランキング
順位 都道府県 2017年度スコア
1位 広島県 77.88
2位 長崎県 71.54
3位 愛媛県 65.11

⑤シミができにくい

メラニンというシミの元になる物質が過剰に生産されると、後々これが肌表面にシミとなって現れます。このメラニンは紫外線に当たるなど、肌が刺激を受ける問増える傾向にあります。

シミができにくい都道府県ランキング
順位 都道府県 2017年度スコア
1位 秋田県 80.98
2位 石川県 66.24
3位 新潟県 66.22

⑥くすみがない

加齢や紫外線により、体内のたんぱく質と糖が結びつく「酸化」が進み、これが黄ぐすみの原因となります。食生活の見直しや紫外線のケアをすることが大切です。

くすみがない都道府県ランキング
順位 都道府県 2017年度スコア
1位 山口県 72.65
2位 愛知県 70.19
3位 和歌山県 68.54

⑦毛穴が目立たない

毛穴に角栓が詰まって開いている状態と、エイジングによりハリが失われていることで目立つ毛穴があります。また乾燥や熱風によって毛穴が目立つこともあり、丁寧なお手入れが必要です。

毛穴が目立たない都道府県ランキング
順位 都道府県 2017年度スコア
1位 鳥取県 73.47
2位 宮城県 70.80
3位 高知県 62.68

⑧キメが整っている

肌表目には「皮丘」と呼ばれる山と、「皮溝」とよばれる谷からなる微細な凹凸構造があり、これを「キメ」と呼びます。皮丘がふっくらとしていて、皮溝に一定の方向性がないと、ハリ・弾力感のある明るい印象の肌となります。

キメが整っている都道府県ランキング
順位 都道府県 2017年度スコア
1位 山梨県 66.99
2位 石川県 65.80
3位 徳島県 65.67

大阪府の総合評価と全国順位

大阪府の美肌偏差値順位
都道府県 判定項目 全国順位
大阪府 マイクロダストに強い 28位
シワができにくい 12位
肌がうるおっている 25位
ニキビができにくい 22位
シミができにくい 12位
くすみがない 15位
毛穴が目立たない 20位
キメが整っている 32位

大阪府にお住まいの女性に必要な美肌対策

大阪府は肌荒大気の影響がないので、シミ、しわ、くすみという点は比較的良い成績であると言えます。しかし全体的に真ん中より少し下の順位に位置しているため決して安心できる気候環境ではありません。全国順位や気候環境から総合的に見ると大阪府にお住いの女性が最も気を付けるべきキーワードは「肌のキメ」と「うるおい」であると言えるでしょう。

肌のビッグデータから分析された結果、大阪の女性は疲れが残っている人が多い統計が出ています。肌老化、ハリのなさ、ガサガサ感、乾燥から肌を守って見た目印象をアップをさせる必要があります。

POLAでは肌のキメや肌感触にアプローチできる化粧品を開発しているので、大阪府の気候環境に適した対策をすることができます。TwitterやInstagramなどSNSの口コミでも話題となっているので、みずみずしいキメのある美肌を作っていきましょう。

エイジングケア美容液でみずみずしく若々しい肌を

POLAの最高峰ブランド『B.A』から8月19日に発売される美容液『B.A セラム レブアップ』 . さすが『B.A』! 高級感のあるボトルデザインです。 . テクスチャはとろみがあり、とても伸びが良いので1プッシュでも全顔に塗れます。 肌になじみが良く、肌の上にペタペタ残る感じがありません。 『グリーンフローラル調のフレッシュで優雅な香り』との事ですが、これがとっても良い香りで大好きです♡ . 現在使い始めて10日程ですが、肌が元気になったという印象です。 肌トラブルが起きないし、洗顔の時、肌がなめらかになったように感じます。 . 決してお安いものではありませんが、「これ使っておけばOK!」って感じの安心感があるので、納得のお値段です^^ . #POLA #ポーラ #ba #ビーエー #セラムレブアップ #美容液 #美容 #beauty #モニター #モニター当選 #レビューブログ @reviblo

あゆむさん(@lovering1024)がシェアした投稿 –


B.Aセラムレブアップ

ベストコスメ多数受賞!【POLA B.A セラムレブアップ】

高保湿スキンケアで角層を整えうるおいに満ちた肌に

💞ディープエッセンスマスク💞 MOISTISSIMO(モイスティシモ)から新しく出ましたー😆🌿📢🌼 1包に贅沢に36ml のエッセンスが入ってます😆 36ml って、右上の2つのボトル分くらい🌟1つのシートにこーんなにたっぷり❤ たっぷりなのに、シートが厚手でしっかりしてるから…(私普段、他社さんのシートマスクする時は、シートを出した後に袋をしぼって使うんですが😳) しぼれなかった❗❗❗ お肌の上でビシャビシャ🌊もなく、しっとりウルツヤ肌に🌟🌿🌟🌿 キャー😆めっちゃいいです😆 #京都#長岡京#エステ#POLA#モイスティシモ#MOISTlSSlMO#シートマスク#ディープエッセンス#うるつや肌#しっとり#たっぷり#乾燥が気になる#これからに#ぴったり

松本恵子さん(@keiko_mathumoto)がシェアした投稿 –

モイスティシモ
2週間トライアルセット 商品を詳しくみる

開き・黒ずみ・角栓のトリプル毛穴ケアですっぴん美肌へ

ソワン
三大毛穴トラブル「開き」「黒ずみ」「角栓」専用美容液